ブラジルサントスの特徴/味/飲んだ人の口コミ評価。癖が少ないコーヒー豆

コーヒー豆の種類最終更新日:2018年9月24日

マイルドコーヒーの代表格の一つ、それがブラジルサントスです。

では、ブラジルサントスには一体どのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、ブラジルサントスの特徴についてご紹介します。

1.ブラジルサントスはどんな豆?

ブラジルサントスとは、その名前の通りブラジルの南にあるサントスで取れるコーヒー豆の事を言います。

ブラジルはコーヒー生産国としても有名ですが、消費国としても有名です。

ブラジルにとってコーヒーは切っても切れない関係と言っても過言ではありません。

ブラジルでコーヒーの生産が始まったのは18世紀、エチオピアのコーヒーを輸入した事から始まったと言われています。

そこから現在まで世界中にたくさんのブラジルサントスを輸出しています。

飲みやすくさらに安く買いやすい事から世界中にブラジルサントスのファンはいます。

ブラジルにはこのブラジルサントスにも色々なコーヒーが生産されており、どれもブラジルはもちろん世界中のコーヒー愛好家に好まれています。

ブラジルサントスの特徴にNo.2~No.8まで等級が分かれている事があります。

一番良いのがNo.2です。

ですので、日本でもコーヒーにこだわるお店はこのNo.2しか置いていないという場所もあります。

ブラジルサントスはメジャーなコーヒーですので、色々な場所で購入する事ができます。

癖が無いのでコーヒー初心者にもオススメです。

初めて自分でコーヒーを買うという人にピッタリです。

2.他の豆とのブレンドでも旨味をうまく出せるブラジルサントス

ブラジルサントスは、癖が少ないのが特徴のコーヒーです。

ですので、コクがあり甘みや香りが強いのでとても飲みやすいのが嬉しいです。

リーズナブルな価格で美味しく飲む事ができるので、愛飲している人はとても多いです。

また、初心者でも焙煎しやすいのも特徴です。

ブラジルサントスを自分で焙煎する場合、フルシティローストかハイローストにする事をオススメします。

また、豆の大きさが少々違う事も稀にあるので、豆をよく見て丁寧に焙煎しましょう。

そんなブラジルサントスは、他の豆とのブレンドでも旨味をうまく出す事ができるのも特徴です。

プロのコーヒー店で独自のブレンドとして使われているのはもちろん、コーヒーが趣味と言えるほどこだわっている人は自分で色々とブレンドしてオリジナルコーヒーを楽しんでいる人もいます。

3.ブラジルサントスは自分でも簡単に美味しく入れる事ができる

ブラジルサントスは、自分でも簡単に美味しく入れる事ができます。

ここではペーパードリップの方法を紹介します。

必要なものはペーパードリップ用フィルター、コーヒー用ポット、計量スプーン、コーヒードリッパーとコーヒーサーバーです。

ブラジルサントスはできるだけこのコーヒーを入れる直前に挽くようにしましょう。

さらに美味しくなります。

道具を予めきちんとそろえたら、お湯を沸かします。

お湯については水道水で十分美味しいです。

また、コーヒーにこだわりたい人は市販の水を選ぶ人は多いです。

お湯は一度沸騰させ、95度になったあたりが一番コーヒーに適していまます。

ペーパーフィルターにコーヒー豆をセットしてお湯を少しだけ入れてコーヒーをしっかりと蒸らします。

コーヒーの美味しさを決めるのがこの蒸らしです。

ですので、30秒程度しっかりと時間を測って蒸らしましょう。

じっくりと蒸らされたコーヒーはしっかりと膨らみます。

そのしっかりと膨らんだコーヒーにお湯を上から注ぎます。

「の」を書くように注ぐとより美味しいコーヒーになります。

抽出できたら美味しいコーヒーの完成です。

4.ブラジルサントスを飲む事ができる喫茶店

ここでは、ブラジルサントスを飲む事ができる喫茶店について紹介します。

まずは千葉県船橋市の市場内にあるビーンズハウスプラスカフェです。

ブラジルサントスはもちろん、色々なコーヒーを飲む事ができます。

また、コーヒー豆の販売も行っているので、飲んでみたい種類があったら購入する事もできます。

市場にあるので、疲れた時にホッと一息つく事ができるので色々な人に愛されています。

東京都南青山にある蔦コーヒー店は、コーヒー好きな人にとても愛されているお店です。

他にもデミタスコーヒーやロイヤルミルクティ、軽食等もあります。

特にお皿からはみ出るほど大きめのクロックムッシュはオススメです。

イギリスパンにたっぷりのチーズを使っているのでボリューム満点です。

落ち着いた店内でコーヒーとクロックムッシュ、そして庭の美しい緑に癒やされる時間は極上と言っても過言ではありません。

ブラジルサントスを飲んだ人の口コミ評価

ブラジルサントスのココが美味しい

ブラジルサントスは酸味、苦み、香りが強過ぎずそれぞれのバランスが良い飲みやすいコーヒーと思いました。特別に強い香りもないですが微かに良い香りがし、万人向けする美味しさと感じました。浅煎りで飲む時でも酸味が強すぎずバランスの良さを感じると思われます。

香りが良い中深煎り50代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

クセがなくて飲みやすいコーヒーです。酸味は控えめで、苦みとコクのバランスが良く、香りがしっかり楽しめます。誰にでも好まれるマイルドなコーヒーという印象で、薄めに入れて何杯でもガブガブ飲めるし、アイスコーヒーにしても美味しくいただけます。

香りが良い中煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

ブラジルサントスのコーヒーは、何といっても飲みやすいのが魅力だと思います。酸味も苦みもほどよく、クセもあまりないので、コーヒーの事が良くわからなくても、ブラジルサントスを選べば間違いはないと思います。

香りが良い中浅煎り20代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

飲んだのは深煎りのブラジルサントスNo2。中煎りのものが多いブラジルサントスだが、深煎りにすると各段に味に奥行きが出る。スモーキーな香りとワインのような酸味で飲みなれたコーヒーのまた違った顔が楽しめる。

香りが良い深煎り40代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

甘過ぎずさっぱりとした味わいで、苦味や酸味もそこまでなく、味のバランスが抜群だと思いました。コクもあって、飲み終わった後も口の中にコーヒーの甘みや芳ばしい香りが程よく残って余韻を楽しむ事も出来ました。

酸味が弱い中煎り30代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

コクがあって苦みが強く、ずしっと重厚な味わいです。ストレートで飲むのももちろんおいしいですが、ミルクをいれてカフェオレにしても香りよく、おいしいと思います。焙煎は中煎りから中深煎りが合うと思います。

苦味が強い中煎り30代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

ほどよい酸味と苦味でバランス良い、とってもまろやかなコーヒーです。
上品な香りが楽しめますし、口に含んだ後がさっぱりスッキリしているので大変飲みやすいです。
個性的できつめのコーヒーが苦手の方にオススメです。

酸味が弱い中煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しくない

落ち着いたコーヒーではありますが、なんとなく飲んだときに印象が薄いコーヒーだなと感じました。酸味や香りがそこまで強いわけでもないですが、悪いところもなく良い意味でベースになるコーヒーだと思いました。

酸味が弱い深煎り30代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

ブラジルサントスは、特にブルボン農園のものにかんしていえば、40年以上前に喫茶店に通い始めた頃のような懐かしい風味があり、忘れがたいコーヒー豆です。特に酸味が強く後味が悪くなるようなことはなく、軽く苦味の効いた飽きのこない味わいです。

香りが良い中深煎り50代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

今は、コーヒーが大好きで色々飲んでいますが、一番初めに飲み始めた頃に良く飲んでいたのがブラジルサントスです。強いくせがないので、飲みやすく初めてコーヒーを飲むときにも美味しく飲めました。バランスがとれていますがさっぱりとした中に甘みも感じる程よい香りも楽しめますので普段のシーンで良く飲んでいます。

香りが良い30代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

酸味が強いのがかえって飲みやすい味にしてくれています。スッキリしていてすいすい飲んでしまいます。コーヒーの濃さや苦みが少なく、手を休める時にさっと飲めますし、胃がもたれたりすることもありません。

酸味が強い中浅煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

ブラジルサントスはとても香りが高く飲みやすいコーヒーだと思います。特に苦味や酸味を強く感じることはなく、飲みやすさが特徴だと思います。マイルドなコーヒーが好きな人にはオススメの豆だと思います。あまりくせがないので個人的には好きです。

香りが良い中煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しくない

いろいろなコーヒーの組み合わせのギフトで飲みました。
とても酸味が強かったので覚えています。1口飲んだら酸っぱくてフルーツに近い味がしたことが衝撃です。
慣れてくればすごくはまってしまうかも、と思う不思議な味でした。

酸味が強い30代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

苦味が弱いというよりは、酸味とのバランスが良いので変な苦味を感じにくいのだと思います。特に特徴がないのが返って飲みやすく、毎日飲むコーヒーとして最適な銘柄の一つになると思います。よく選んで買ってしまう銘柄です。

苦味が弱い中深煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

サントスの豆は酸味や苦味が少なく口当たりの良いまろやかさがあります。
良くも悪くも万人受けするような味で、個性的なコーヒーが好きな方には物足りないかもしれませんが、コクがあり個人的には美味しいコーヒーだと思います。

酸味が弱い中煎り30代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

コーヒーが好きで毎日ハンドドリップで飲んでいますが、ブラジルサントス産のコーヒーは酸味が強く感じられました。もちろん焙煎方法、豆の保存方法やドリップの仕方で変わってくる部分も大いにありますし、好みもあります。自分は苦く深い味が好きですので、酸味のある豆はすこし苦手意識がございます。

酸味が強い深煎り30代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

やはりブラジル産のコーヒーといえばサントス
あまりにも有名なので説明不要かと思いますが、日用品や高級品まで幅広く使用されているのがブラジル産のサントス。
酸味はあまり強くなく、日本人にはとても飲みやすいコーヒーではないでしょうか。

苦味が強い深煎り30代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

コーヒー会社に勤務しているので飲む機会は多くいろいろなコーヒーを飲みました。その中でもブラジルサントスは挽きたて時や入れたて時の香りが強くリラックス効果が非常に高いと思います。価格もリズナーブルなのでオススメのコーヒーです。

香りが良い中煎り50代男性

ブラジルサントスのココが美味しい

ブラジルサントスは、苦すぎず、酸味も強すぎず、香りが良いので気に入っています。
飲み口もやわらかい為、飲む人を選ばず、大抵のブレンドコーヒーのベースとなっています。
その為、店によってアレンジもしやすく、様々な風味を楽しめます。

香りが良い中深煎り20代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

コーヒーの酸味は好きですが、強すぎるのもあまり好きでなくブラジルサントスのちょうどよい酸味の喉越しが好きです。ほかの銘柄では深入りの豆が好きなものもありますが、ブラジルサントスは、そんなに深入りしていないものが、豆の味をうまく引き立てることができ、最も好きです。

酸味が弱い中煎り50代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

飲んだ時の酸味が丁度良くマイルドでした。
酸味、苦味が少なく飲みやすいです。
私の好みのコーヒーです。
もちろん、単品でもいいですが他のコーヒーとブレンドしたくなり、そういった楽しみ方もしてみたいです。

酸味が弱い40代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

コーヒー好きになって、いろいろ調べましたが、ブラジルは生産量世界一で、そのなかでもブラジルサントスが有名です。飲んだときの苦味が少なく酸味がさわやかでした。味のバランスがよいので、他の豆とブレンドしやすいです。

苦味が弱い中浅煎り60代以降女性

ブラジルサントスのココが美味しい

初めて飲んだ飲みやすいと感じたコーヒーです。以後コーヒー店で銘柄が選べる時はブラジルサントス優先で注文。ブラックで飲むのが一番美味しいですね。酸味が強すぎるのは嫌で、苦すぎるのも嫌。ちょうど良い酸味と苦味かと思います。

酸味が弱い中煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

濃厚な味わいで風味がよいコーヒーでした。
他のコーヒーと比べると少し独特の風味なので、好みが分かれると思うます。
ビターチョコレートとともに味わうのがベストです。
あらゆるコーヒーを味わい、一般的なものに飽きた人にはぴったりです。

苦味が強い深煎り40代女性

ブラジルサントスのココが美味しい

このブラジルサントスはどの品種とブレンドしても旨味をひきだしてくれます。クセがなくあっさりとして酸味や苦みもなくコーヒーらしい味わいあるおいしい飲み物です。
香も豊かで適度な甘みと苦みのあるコーヒーです。

酸味が弱い中煎り40代男性

ブラジルサントスを飲んでみよう

ブラジルサントスについてご紹介しました。

ブラジルのサントスで採取される癖の少ない飲みやすいコーヒー、それがブラジルサントスです。

また、癖が少ないのでブレンド用としても多々使用されています。

そして多く生産されているので安くそしてどこでも入手できる身近なコーヒーですので、自分で購入して楽しんだり喫茶店で味わったりして下さいね。