インスタントコーヒーを美味しく飲む方法とは

コーヒーの豆知識最終更新日:2017年9月8日

気軽に飲めるのが嬉しいコーヒー、それがインスタントコーヒーです。

そんなインスタントコーヒーには色々なものがあります。

ここではインスタントコーヒーの入れ方についてご紹介します。

1.インスタントコーヒーの基礎知識

インスタントコーヒーとは基本的にコーヒー豆を抽出したものを一旦乾燥させてから加工したものの事を言います。

一番の特徴は、お湯を注ぐだけで簡単にコーヒーができる事です。

ドリップ等でコーヒーを入れなくてもお湯だけで簡単にできるので、仕事等の忙しい時に重宝されています。

色々な会社が様々なインスタントコーヒーを出しているので、味を比べてお気に入りのものを探すのも楽しいです。

また、濃さも自由にできるので、濃いめの味が好きな人は濃く、薄味が好きな人は薄くする事ができるのも特徴です。

インスタントコーヒーの歴史が始まったのは18世紀のイギリスだと言われています。

ただ、このイギリスのインスタントコーヒーはすぐに劣化するので製品化は難しかったそうです。

その後、アメリカで19世紀にさらに改良されました。

この改良には日本人の化学者、加藤サトリさんが関わっています。

そして20世紀の始めにアメリカで大量生産が行われるようになります。

当初、インスタントコーヒーは美味しくないと言われていましたが、今ではさらに改良され、インスタントコーヒーは美味しいというイメージが日本はもちろん多くの人に定着してきました。

今はカフェモカ等様々な味が販売されており、多くの人に愛飲されています。

2.自分好みのインスタントコーヒーを見つける

インスタントコーヒーと一言で言っても、色々な商品が各社から販売されています。

中にはスティック状になっており、砂糖やミルクを入れなくてもそれも一緒に入っているのでお湯に溶かすだけでカフェオレのような甘いコーヒーができるものもあります。

インスタントコーヒーには主に2種類の作り方があります。

まずはフリーズドライ製法です。

これは、抽出されたコーヒー液を冷凍機に入れて凍らせた後砕いたものです。

香りと風味の両方を逃しにくいので、そのままのコーヒーの味を楽しめるのが特徴です。

スプレードライ製法は、コーヒー液を霧状にした後、非常に熱い風で水分を蒸発させる方法の事を言います。

この方法は、パウダー化ができる事と大量生産化できる事が大きなメリットです。

ですので、安く、そして水に溶けやすいコーヒーを作る事ができます。

安くコーヒーを飲みたい時や冷たいコーヒーを飲みたい時はスプレードライ製法のものを、コーヒーの風味を楽しみたい人はフリーズドライ製法のものを選ぶようにしましょう。

3.基本的な入れ方はそのインスタントコーヒーの箱等に書いてある

基本的なインスタントコーヒーの入れ方についてはその箱や瓶に書いてある事がほとんどです。

ですので、まずはその通りに作ってみましょう。

そこから薄くしたり濃くしたり、砂糖や牛乳を入れたりとアレンジしてみましょう。

4.軟水または水道水を使用する

インスタントコーヒーには軟水が向いていると言われています。

一般的に軟水にはコーヒーの香りを引き立たせてマイルドにすると言われています。

そして硬水はコーヒーの苦味を引き立たせると言われています。

ですので、硬水を使うとインスタントコーヒーが苦くなりすぎてしまう可能性があります。

もちろん水道水でも美味しいインスタントコーヒーを作る事ができます。

5.もっとインスタントコーヒーを美味しく飲むには

インスタントコーヒーをもっと美味しくする方法の一つに入れる前にフライパンで乾煎りする方法があります。

これは、インスタントコーヒーを弱火のフライパンで色が変わるか変わらないかのところまでじっくり炒める方法です。

炒めてからお湯を注ぐ事でより本格的なコーヒーに近づきます。

また、テレビで話題になった方法の一つに少量の水、もしくはお湯で練る方法もあります。

しっかりと練る事でインスタントコーヒーの味が柔らかくなると言われています。

6.新しくレギュラーソリュブルコーヒーも生まれた

ネスレが独自の方法でレギュラーソリュブルコーヒーを開発しました。

これは、コーヒー液に非常に細かく砕いたコーヒー豆が入っている製法で作られたコーヒーの事を言います。

この方法で今までにない風味や味を出す事に成功しました。

また、コーヒーカップの底にコーヒー豆が三日月のように残ります。

美味しくてかつロマンチックなコーヒー、それがレギュラーソリュブルコーヒーです。

インスタントコーヒーを美味しく飲もう

インスタントコーヒーの入れ方をご紹介しました。

簡単に美味しくコーヒーを味わう事ができる、それがインスタントコーヒーです。

そのまま入れても美味しいですし、自分だけのこだわりの入れ方を見つけるのもまた楽しいです。

自由な使い方ができるので、お菓子を作る時に入れてもコーヒーの風味があるとても美味しいものを完成させる事ができます。