水出しコーヒーを自宅で作る方法

コーヒーの豆知識最終更新日:2017年9月8日

水出しコーヒーは、お湯は使わずに、冷たい水の中に直接コーヒーの粉を入れて、ゆっくりゆっくりと時間をかけて水の中にコーヒーの成分を抽出したものです。

ゆっくりと抽出するので、通常の入れ方よりもタンニンやカフェインが溶け出しにくいのが特徴で、香り豊かに、苦味や渋みなども少ないスッキリとした優しい味に仕上がります。

コーヒーの苦味や渋みが苦手な方にも好評で、最近では人気が高まってきている抽出方法の一つです。

実はそんな水出しコーヒーは自宅でも簡単に作ることが出来るんです。

ここでは自宅で出来る、特別な器具を使わない簡単な方法をご紹介します。

1.水出しコーヒーを作る時に用意するもの

中挽き~粗びきのコーヒー豆豆の種類や銘柄は、その時の気分やお好みで選ぶと良いでしょう。

そんな風にして色々楽しむのもコーヒーの楽しみの一つでもありますね。

ただし、水出しコーヒーにすると、通常の入れ方よりも味が弱く出るということを覚えておくと良いですね。

ブラジルなどの香ばしさの強いものでも、水出しにすると、ずいぶんと口に優しいマイルドな味になります。

通常、深煎りはコクのある味になりますし、浅煎りはフルーティーな味わいになりますが、水出しの場合のおすすめは深煎りです。

いろいろとお好みのものを紹介してくれるはずです。

また、水出しコーヒー用豆として売られている場合もあります。

そして何より、挽きたてのコーヒー豆にすると格別な香りを楽しめるので、そちらもお薦めします。

お水ミネラルウォーターを用意します。

ミネラルウォーターには軟水と硬水があります。

マグネシウムとカルシウム濃度によって表されるものを硬度と言いますが、この硬度の高いものが

硬水、硬度の低いものは軟水と呼ばれています。

水出しコーヒーには、まろやかな味になる軟水をおすすめします。

軟水で有名な商品としてはヴォルビックや南アルプスの天然水などがあります。

反対にエビアンは硬水ですので苦味を抽出しやすくなります。

こちらもその時の好みで選ぶと良いでしょう。

ちなみに日本の水道水は軟水です。

私達が普段口にして違和感のないのが軟水というわけです。

ヨーロッパなどに旅行へ行くと水が合わないという声を聞くのは、この硬度の違いを感じてしまうからなんです。

上手に使いわけていくと良いでしょう。

ミネラルウォーターを入手するのが難しい場合は、水道水を一度沸騰させてから冷ましたものを使ってください。

沸騰させて、塩素臭やカルキ臭を抜くのですが、この作業をせずに水出しコーヒーをいれるのはおすすめしません。

コーヒーの成分のほとんどが水ですから、おいしい水出しコーヒーを入れるには、おいしいお水がとても大切です。

少しの手間ですので、是非この作業はやってください。

ペーパーフィルター、またはお茶パック水の中の豆を漉すために使います。

3.水出しコーヒーの入れ方

お水を1000ml(1リットル)用意します。

その場合のコーヒーの粉は100gです。

つまり、水とコーヒの粉の割合は10.1になりますので、これさえ守れば、どんな分量でも作ることができます。

次に、容器にお水を入れます。

そこにコーヒーの粉を直接入れます。

お茶パックの場合はパックにコーヒーの粉を入れてから水の入った容器に入れてください。

そして、冷蔵庫に入れて7~8時間待ちます。

寝る前に冷蔵庫に入れておくとよいでしょう。

冷蔵庫から出し、コーヒーをぺーパーフィルターの上から別容器に流し入れ、コーヒーの粉を漉します。

お茶パックの場合は取り出すだけで大丈夫です。

水出しコーヒーの入れ方は、とても簡単なのですが、抽出時間(7~8時間)だけは守りましょう。

長時間の抽出は苦味がえぐみが出やすくなるので、ここだけは要注意です。

うっかり寝坊をして長い時間抽出してしまったという場合には、残念ですが、せっかくの水出しコーヒーのおいしさを味わうのを諦めるしかなくなってしまいます。

水出しコーヒーを飲もう

お店でしか味わうことができないと思っていた水出しコーヒーですが、自宅でも手軽にできるんです。

最近では水出しコーヒー専用のポットなども販売されるようになってきましたので、気軽に水出しコーヒーを楽しんでいきたいですね。

お客様がいらした時などにも、すっと水出しコーヒーを出して一緒に楽しむことができたら、普段以上に素敵な時間になること間違いないはすです。

酸化もしにくいので、前々日に作っておくことも可能です。