美味しいアイスコーヒーを淹れる方法

コーヒーの豆知識最終更新日:2017年9月6日

コーヒーはいろいろな飲み方で親しまれていますが、アイスコーヒーも特に暑い季節には欠かせない飲み物となっています。

缶コーヒーなども種類も多く、甘さも選ぶこともできるようになりましたが、自分の好みの濃さのコーヒーを自分で入れ甘さも自分好みで飲むというのは格別な味わいもあります。

では、どうしたらおいしいアイスコーヒーが自分で入れることができるのでしょうか。

1.コーヒーを豆から抽出する。コーヒーを入れる方法を選ぶ

アイスコーヒーはまずコーヒーを抽出して、氷で冷やすという方法が一番早くおいしく飲むことができる方法です。

最近はコーヒーメーカーもいろいろな種類のものがあります。

カプセル式の豆から抽出するものや、フィルターの中に豆の入っているものをセットして入れるもの、コーヒー豆を指定のところに入れて抽出は機械任せのものなど様々です。

豆から入れるコーヒーの味わいは、コーヒーメーカーで入れても、専門店で入れるものに近いようになってきています。

もちろん、ネルのフィルターで専門店のようにコーヒーを入れるという方法もとてもおいしく飲める方法です。

フィルターそのものでも若干の味の違いがあり、紙のものはどうしても紙の味がしますが、最近は、お手入れの簡単なステンレスのフィルターなどもあります。

まずは豆から抽出する場合のポイントをご紹介していきます。

2.アイスコーヒーは濃い目に抽出が基本

冷やすために氷を入れるということは、この時点で元のコーヒーが薄められるということを考えに入れ、濃い目に入れるのが基本です。

コーヒーを抽出して、氷をたっぷり入れたグラスに、熱いコーヒーを入れ冷やします。

氷の質にも注意して、氷そのものに、においが移っていないもので冷やすようにします。

何杯も飲みたいという場合は、多い目に入れて、冷蔵庫で冷やすという方法もありますが冷蔵庫で冷やしたコーヒーはできればその日のうちか、次の日には飲み切るようにしましょう。

コーヒーメーカーで作らず自分でポットからお湯を注いでコーヒーを入れるときは、フィルター部分にお湯をかけず、豆に向かって細くお湯を注いで入れるのがポイントです。

3.コーヒー豆の選び方

コーヒー豆は挽いてから時間のあまりたっていない酸化していないものがおいしくのむことができます。

これは、ホットでもアイスで飲む場合も同じ重要なポイントです。

カプセル式の抽出方法の豆ですと、酸化は避けることができますが、少し割高となっています。

ローストの具合は、好みにもよりますが、イタリアンや、フレンチローストのように、より深煎りの豆のほうがアイスコーヒーに適しているといえます。

コーヒー豆をその場で挽いてもらえる店ですと、少し荒い目にするとコーヒーの粉が出ることもなく入れることができます。

しかし手元にエスプレッソ用のものしかないというときでも、その豆で入れてもおいしくいただくことができますが、コーヒーの粉が沈殿するということは起こる可能性があります。

コーヒー豆はできるだけ早く使い切る分量を、コーヒー専門店などで購入するようにしましょう。

使い残したコーヒー豆は缶のようなものに入れ、湿気のない、空気になるべく触れないようにして保存します。

苦い、濃いコーヒーはカフェインも多いように思いますが、長時間火を通すことで、カフェインの含有量は、少なくなっています。

濃い目に入れたコーヒーをたくさん飲んでもカフェイン中毒になるということはまずありません。

4.何杯も飲みたいなら、水出しコーヒーがオススメ

アイスコーヒーが好きでいつで何杯も飲みたいという場合水出しコーヒーを冷蔵庫に入れておくという方法もあります。

水出しコーヒーにするとまろやかな味わいがありますが、抽出に時間がかかります。

水出しコーヒーも最近は人気があるようで、水出し専用のコーヒー豆なども手に入ります。

紙パックの中に水出しコーヒーの豆が入っているものも手に入るようです。

水の入ったボトルにポンと入れておけばできるというものです。

水出しコーヒーの豆はフレンチローストなどの深煎りの濃い目のコーヒー豆が適しています。

ボトルに水とコーヒー豆を入れ冷蔵庫に半日ほど入れておきます。

豆の分量の目安は、大匙1杯が1杯分と考えて、1リットルほど入るボトルですと、大匙5杯ほどを入れてよく混ぜてそのまま冷蔵庫に入れておきます。

飲むときに豆が混ざらないように、ペーパーフィルターなどを通してグラスに入れます。

すでに冷たい状態ですので、濃い目のアイスコーヒーを飲むことができますが水出しのコーヒーそのものはまろやかでなかなか味わいの深いコーヒーとなっています。

濃さは冷たい水、氷などを加えて自分の好みの味に調節して飲むようにしましょう。

好みによっては、浅炒りのコーヒー豆でも違った味わいがありますが、カフェインは少し多い目になります。

5.インスタントでもおいしくアイスコーヒーを飲む方法

手元にインスタントコーヒーしかないときもあるでしょう。

インスタントコーヒーは、コーヒー豆よりも酸化しにくく、扱いやすいので常備しておくには手ごろでよいでしょう。

1本ごとに1杯分が袋に入っているものなども酸化しにくく手軽でよいでしょう。

インスタントコーヒーでアイスコーヒーをおいしく飲むコツは、まず少量のお湯でインスタントコーヒーをよく溶かしておきます。

その時にスプーンでよく混ぜていますと、よい香りがしてきます。

このひと手間を加えるとホットコーヒーとして飲むときにも香りのよいコーヒーとして飲むことができます。

アイスコーヒーの基本、濃い目に入れるという点はインスタントでも同じです。

良く溶いておいたコーヒーに、氷を入れて冷たくして飲みます。

アイスコーヒーを美味しく飲もう

アイスコーヒーを自分で入れる場合、コーヒーメーカーなど機械を使うと手軽に作ることができ、また水出しなど作り置きも簡単で、いつでもすぐに飲むこともできます。

濃い目に入れて氷で冷やすという基本で、いくつかのポイントを抑えるとおいしく飲むことができます。

最近コーヒーの健康に良い点などの研究発表もされており砂糖なしのコーヒーにはダイエットの効果や、スポーツのパフォーマンスも向上などの効果もあります。

甘いソーダなどを飲むよりも、明らかにブラックのアイスコーヒーのほうがダイエット効果もあります。

自分で入れた美味しいアイスコーヒーで、コーヒータイムを過ごしたいものですね。